このページの目次

みなたびについて

みなたびcoreとは何ですか?

モール型の旅行商品(宿泊、アクティビティ)の検索・予約サイトと管理システムの呼称です。 モール型とは1つのサイトに複数の事業者のサービスを掲載して販売できるという意味です。 じゃらんや楽天トラベルをイメージしていただくとわかりやすいと思います。 地域の事業者と一体になって活性化に取り組む地方自治体様観光協会様のご利用を想定して設計しています。

みなたびcoreで何ができますか?じゃらんや楽天トラベルとの違い(長所)は何ですか?

じゃらんや楽天トラベルと同じことができます。 地域独自のプラットフォームを導入することで以下のようなメリットが期待できます。

  • 地域外に流出していた莫大な手数料が地域で循環する(雇用増や税収増)
  • 地域を横断した連携が生まれる
  • 地域向けに特化・最適化している使い勝手のよい準オーダメイドのシステムを利用できる
  • Webマーケティング(アクセス解析、SEO施策、メルマガ・SNSを通じた情報発信など)やWebデザインに強い人材が地域に定着する

その他、機能的には、以下のような違い(じゃらんや楽天トラベルと比較してい同等以上)があります

  • トップページの表示をカスタマイズできる。
  • ポイント機能やギャラリー機能、FAXなど他社では有償オプションになっている機能を無料で利用できる。
  • 利用者の声を取り入れて機能を改良し続けている。(たとえばLINE通知機能)
  • 全ページSSL/TLS対応 ※最近になってじゃらんや楽天トラベルも対応しましたが本システムは2015年から対応済です。
  • 顧客と直接コンタクトできる。 ※個人情報保護の観点ではリスクとなるので留意が必要です。

情報システムを専門家でない役場や協会の職員が運用するのは困難では?そもそも情報システムはかなり高額だが負担できるのか?

プログラミングやサーバ運用は弊社が完全に代行するので御社担当者に情報システム系の知識やスキルは不要です。
モール運営担当者に必要な素養とスキルはこちらをご参照ください価格については、役場に納入されているレガシーなシステムとは比べ物にならないくらい安価です。
料金プランはこちらをご参照ください

役場で利用しているシステムなどと比べると安価すぎる。セキュリティや可用性に問題があるのでは?

問題ありません。安価なのは、2つ理由があります。1つは長年の技術革新により劇的に安価(*1)になったパブリッククラウドインフラであるAWS(*2)を活用していること、もうひとつは多数の自動化処理を実装して運用コストを最小化しているためです。セキュリティ面も大手ベンダーと同等以上の堅牢な仕組み(*3)を活用しています。

みなたびcoreの導入実績は?

南三陸町観光協会様が運用するみなたびとして2016年4月から運用されています。

みなたびcoreを導入したモールの売上や収益は?

繁忙月で100万円に達するかどうかというレベルですが前年比で着実に伸びています。 じゃらんや楽天トラベルを利用せずに旧来のチャネル(電話、FAX)とネットはみなたびだけで十分に集客できているお宿さんもでてきており、脱大手に向けて歩みをすすめています。(とはいえ、お客様はもちろん事業者様も大手信仰が強いので相応の時間を要すると見込んでいます)

利用料金と付帯サービス、支払いについて

どのような利用プランがありますか?それぞれの料金は?

ご利用プランと料金 をご確認ください

おすすめのプランは何ですか?

推奨は18ヶ月以上の契約です。 長期契約とすることで担当者が任命されて真剣に取り組む機運が生まれます。地域のプレイヤーやお客様に認知されるまで相応の期間が必要です。 繁忙期を二回体験して、前年比で伸びを実感して、次の投資を伴う具体的かつ現実的な戦略・ビジョンを描けるようになるのが18ヶ月程度と考えておりそれを反映したプランとなります。

利用料金の支払い手段は何がありますか?

銀行払いのみ対応しています。請求月に請求書を発行いたしますので弊社指定口座にお振込み頂きます。

年払いは可能でしょうか?

可能です。さらに長期割引を受けられる18ヶ月、36ヶ月のプランもご用意しております。ございますのでご検討ください。

試用期間はありますか?

一般に非公開の状態で全機能を利用できる評価環境をご提供いたします。一般公開しての試用期間はございません。

システムの説明やデモをしてくれませんか?

こちらからお問い合わせください。

閑散期のシステム維持費を節約できないでしょうか?

本契約に無償で付帯される閑散期割引を用意しました。詳しくは料金プラン(閑散期割引)をご確認ください。

サーバ運用について

独自ドメインを利用できますか?

利用できます。新規の場合は弊社でDNSサーバを運用します。既存ドメインのサブドメインの場合は、サブドメインが本番用サーバ(二台)をさすように設定してください。

  • customer-travel.example.com
  • admin-travel.example.com

オンプレミスで運用できますか?

できません。セキュリティ・可用性・運用コスト等に優れるパブリッククラウド(AWS)での運用となります。

セキュリティが心配です。どのような対策をしていますか?

  • 全利用者(顧客、事業者、モール運営者)の
    パスワードは不可逆暗号化しています。万が一顧客データが漏洩した場合でもパスワードが破られることはありません。
  • クレジットカード情報は本システム上には一瞬たりとも保持しません。このため本システムが原因でクレジットカード情報が漏れることはありません。
  • ログインページはもちろん
    全てのページでSSL/TLS対応しています。暗号化されている公共WIFIを使っている場合でもアカウント・パスワードが盗聴されることはありません。
  • パスワードの強度を強く設定することができます。(例えば10文字以上、文字種3つ以上など)
  • Search Consoleを利用して改竄や不正なアクセスを迅速に検知します
  • サイトへの攻撃をログで記録しています。悪意のある攻撃を検知した場合はアクセス元のアクセスを遮断します。(AWSのNetwork ACL利用)
  • 主要な操作は監査ログとして参照できるようになっています。

可用性が心配です。どのような対策をしています。

  • システムの主要な構成要素(アプリケーションサーバ、データベースサーバ、メールサーバ、データストア)を分離しているため同時に障害が発生する可能性は極めて低いです。仮に一つに障害が発生しても回復対象が限られるので復旧が容易です。
  • 信頼性の高いAWSのサーバレス機能(データベース、メール、データストア、Lambda)を利用しています。これらの基盤システムは世界最高レベルの専門家が運用しています。
  • 複数のHealth Check機能を利用して、障害を迅速に検知する体制になっています。

個人情報の取扱が心配です

御社の個人情報取扱ガイドラインに準じます。 情報システムとしては「モール運営者はすべての個人情報にアクセス可能」「サービス提供者は利用した顧客のみアクセス可能」となっています。 個人情報の閲覧やCSVダウンロードは監査ログとして記録しています。

システムのソースコードは開示できますか?

部分的開示に対応します。プログラムの何を確認したいのか?をお知らせください。例えば「カード情報の非保持化は実装に反映されているのか?」などです。

運用について

専従の担当者は必要ですか?どのような業務が必要でどれくらいの時間を要しますか?

必須ではありませんが専従担当者がいれば理想的です。 具体的にどのような業務があるか記載していますのでご参考にしてください。
モール運用担当者の業務(および必要なスキル)

立ち上げ時に、どのようなサポートが得られますか?料金は?

こちらをご確認ください

サイト開設後、どのようなサポートが得られますか?料金は?

こちらをご確認ください

アクティビティ提供者自身にプランの作成・更新、在庫や予約の管理、顧客対応を行ってもらいたいですが可能でしょうか?

可能です。アカウントを事業者と紐付けるとその事業者に関連する情報しかアクセスできなくなります。

アクティビティ提供者が運用するにあたって必要なスキルは何ですか?パソコンは必須ですか?スマホで利用できますか?

高度なスキルは不要です。 アクティビティは設定項目が少なくシンプルなので、日常的にスマホでアプリやECサイトを利用していれば対応できます。 スマホでのログインや画面表示は可能ですが頻繁に画面スクロールが必要になるため非常に非効率です。パソコンをご用意頂くと良いかと思います。

アクティビティ機能について

どのようなプランが作成できますか?

最小催行人数を設定できますか?

できます。

定員を設定できますか?

できます。

利用人数に応じて一人あたり料金を割引できますか?

できます。

子供料金を設定できますか?

できます。

特定の曜日や特定の日だけ料金を割増(もしくは割引)することはできますか?

できます。

口コミ(レビュー)投稿は可能ですか?

できます。投稿されたレビューは承認することで一般に公開されます。


諸事情(荒天や最低催行人数以下)により開催中止になった場合、システムが自動で対応してくれますか?

  • 個々のお客様に個別にメールを送信して頂きます。
  • 中止が直前の場合は、予約時に記入された緊急連絡先に電話してください。
  • お客様と連絡がとれない場合は集合場所に赴くことも必要かもしれません。
  • すべてご予約を「キャンセル」します。この際、キャンセル事由に「荒天のため」を記入して、請求金額を0円に設定します。

※中止機能の実装予定(2019年3月)・・・任意の文言をご予約頂いているお客様にメールして予約をキャンセルにする機能

クレジットカード決済について

クレジットカード決済は利用できますか?利用できるブランドは何ですか?

利用できます。御社とクレジットカード決済会社(
Pay.jp社)と契約を締結して頂きます。 利用できるブランドは以下のとおりです。

  • Visa
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club、Discover

クレジットカード決済の申請から利用までに要する時間はどれくらいですか?

Visa, MasterCardは本番申請の当日からご利用頂きます。それ以外(JCB、American Express、Diners Club、Discover)のカードはVisa, MasterCardの審査が完了してから15営業日程度です。
審査にかかる時間はどれくらいですか? – PAY.JP

クレジットカード決済の料率はいくらになりますか?

契約(決済手数料の基本利用料有無)により異なります。月間のカード売上が150万円に達するまでは基本料金無料プランが有利です。
月額基本料金が無料のプラン

ブランド 料率
Visa, MasterCard 3.0%
JCB, American Express,Diners Club, Discover 3.6%

月額基本料金が10,000円のプラン

ブランド 料率
Visa, MasterCard 2.59%
JCB, American Express,Diners Club, Discover 3.3%

詳しくは公式サイト(
利用料金について教えてください – PAY.JP – Help)をご確認ください

予約管理機能

ダブルブッキングが心配です。

在庫が適切に管理されている限り、たとえ同時に操作されても1つの在庫に対して複数の予約を受け付けることはありません。 システム外で発生する問題(例.電話でのご予約受付時に在庫を減らすのを忘れた)はカバーできません。

予約取消には対応していますか?

対応しています。

予約変更には対応していますか?

対応していません。一度、キャンセルして頂くことになります。 (ご予約時の料金設定や特典と現在は違う可能性がありそれらを考慮した実装は困難かつ複雑になりすぎるため今後も対応予定はございません。じゃらんや楽天トラベルも同じ仕様です。)

販売促進機能について

どのような販売促進機能がありますか?

  • トップページカスタマイズ機能
  • ポイント機能

ポイント機能はありますか?

あります。以下のイベントでポイントを付与することができます。いずれも任意の率や額で%や額

イベント名 付与パターン 説明
会員登録 任意の額 新規会員登録の促進に利用できます。
誕生日 任意の額
利用完了 任意の額・率 サービスのご利用完了時に付与されます。
口コミ投稿 任意の額 口コミ獲得に利用できます。
サイト全体の賑わい感の創出やプランを洗練させるための貴重なフィードバックを獲得できます。
良い評価を多数獲得したサービス提供者のモールへのロイヤリティ向上も期待できます

クーポン発行はできますか?

クーポン機能に相当するものとして、期間限定ポイントを任意のお客様に発行することができます。

レポーティング機能

メルマガ配信機能はありますか?

月次レポートはどこまで共有すれば良いでしょうか?

在庫管理機能

在庫をじゃらんや楽天トラベルと連動させるのは可能ですか?

じゃらんと自動で同期できます。(5分間隔) 楽天トラベルやその他のサービスとは同期できません。
じゃらんと同期している様子

プランをじゃらんや楽天トラベルと連動させるのは可能ですか?

申し訳ありません。現時点ではできません。

サイトコントローラ(手間いらずやらく通など)に対応していますか?

対応していません。じゃらんをご利用の場合は部屋在庫の自動連動をご利用ください。 なお、じゃらんや楽天トラベルといった大手OTAを利用せずに十分な予約実績を獲得しているお宿さんがございます。 じゃらんや楽天トラベルには実現できない「地域力」を活かせるためです。

サイトのアクセス状況は把握できますか?

Google AnalyticsとSearch Consoleをご利用頂けます。設定は弊社で実施します。利用は無料です。

その他

デザインはどの程度、カスタマイズできますか?

以下の視覚要素がカスタマイズできます。

  • ロゴ
  • テーマカラー
  • メインビジュアル

多言語対応は可能でしょうか?可能な場合の費用(初期費・運用費)は?

2018年11月現在は未実装ですが、対応は可能です。

利用している開発基盤は言語を考慮した設計(文字コードや辞書)となっており理論上はどのような言語でも対応できます。

需要が大きいと見込まれる言語(英語、中国語(繁体・簡体)、韓国語)については、時期は未定ですが順次対応していくので無償でご提供できます。

ただし実装を急ぐ場合や上述した以外の言語は、1言語目は20万円(税別)、それ以降は1言語あたり10万円(税別)で承ります。追加の運用費はご不要です。

なお、システムにより自動的に翻訳されるのは、サイトの共通部分だけで各コンテンツ(事業者名やプランの見出し、プラン説明など)はそれぞれの事業者様、プランごとに翻訳して登録する必要がございます。

【ご参考】自動で翻訳される部分(トップ画面の例/赤枠で囲った箇所)

 

また、本システムは、お客様が利用する「顧客サイト」とモール運営者および事業者が利用する「管理サイト」があるのですが顧客サイトのみの想定です。
(管理サイトは日本人だけが使う想定であるため。)

 


    1. コストが安価な理由:
      コンピュータ業界では長期に渡ってハードウェアの進化(18ヶ月で性能2倍→15年で1000倍→30年で100万倍)が続いており、一昔前に手がでなかったようなサーバが非常に安価に調達できます。(最近のiPhoneは30年前のスーパーコンピューター(数10億円)より性能が上という話は有名です。)役場などにハードウェア・ソフトウェアを納入している大手ベンダは旧来と大差ない料金で情報システムを提供していますが、AWS(Amazon Web Services)、Azure(マイクロソフト)を代表とする大手クラウドベンダーが提供するインフラの利用料金は、前述した劇的な進化が反映された価格設定となっています。(現在、雪崩をうつように企業システムのクラウド化が進行しています。)

      もちろん、ソフトウェアを開発・運用する人材(プログラマやインフラエンジニア)の人件費は変わらず高額なままですが、本システムでは、独自に多くの自動化処理を実装して、さらにAWSのサーバレス機能(メールサーバ、ディスクストレージ、データベースサーバ、バッチ処理など)をフル活用しているため劇的に運用負担を減らすことに成功しています。 これが安価な理由です。 本システムは2015年後半からゼロから開発に着手したため、最新の安価で堅牢なサービスを設計に取り入れることができています。 決して手抜きをして安価に提供しているわけではないのでご安心ください。

      セキュリティ面でもAWSや他の大手クラウドベンダーは世界最高峰の専門家により運用されています。例えば米国防総省の非常に厳しいセキュリティ要件をクリアいます。 安全性や可用性は控えめに言っても国内の大手ベンダーのエンジニアと同等以上ですのでご安心ください。

    2. AWS:Amazon Web Servicesの略です。Amazon.comのコンピュータネットワークインフラを担う部門がスピンアウトしてその莫大なコンピュータ資源やノウハウを安価にインターネット経由で外部に提供しています。(これをクラウドコンピューティングといいます)MicrosoftやGoogleといった巨人も同様のサービスを展開していますが現時点ではAWSが圧倒的なシェアを獲得しています。
    3. セキュリティ名の配慮:AWSは世界最高峰の専門家により運用されており例えば米国防総省の非常に厳しいセキュリティ要件をクリアいます。 安全性や可用性は控えめに言っても国内の大手ベンダーのエンジニアと同等以上ですのでご安心ください。インフラに加えて本システム独自のセキュリティや可用性向上の取り組みも行っています。