コンテンツにスキップ

宿泊施設向けマニュアル

1. 準備・前提条件#

1.1. インストール#

インストールは不要です。

本システムは、ブラウザから利用できるWebアプリケーションとして実装されています。 インターネットに接続されていれば、いつでもどの端末からでも利用できます。

Image from Gyazo

1.2. インターネット#

インターネットに接続できる必要があります。

1.3. パソコン・モニタ#

パソコンをご用意ください。追加のインストールは必要ありません。

スマートフォンからのご利用について

スマートフォン(のブラウザ)からもログインして操作できます。 ただし情報量が多い画面や細かい設定が必要な画面は使いづらいです。 (在庫調整や予約ステータス変更程度であればスマホでも十分対応できます)

1.4. ブラウザ#

管理サイトで動作保証しているのは、Google Chromeとなります。 Google Chromeは、公式サイトから無料でダウンロード・インストールできます。

ブラウザでは、Javascriptが有効になっている必要があります。既定で有効になっていますが、無効になっている場合は、以下の方法で有効化してください。

JavaScriptを有効にする設定方法(Chrome):BIGLOBE会員サポート

Google Chrome以外のブラウザでのご利用について

  • EdgeやSafariでも動作します。ただし保証はしておりません。
  • Internet Explorer(EdgeのIE互換モード含む)はセキュリティ上の問題があるので利用禁止(=ログイン不可になるように制御)としています。

1.5. その他/オプション#

1.5.1. FAX#

「FAX利用可能」となっている場合、予約受け付けや問い合わせ通知をFAXで受信することができます。 FAX利用可否はモール運営者が判断します。詳しくはモール運営者にお問い合わせください。

1.5.2. LINE#

各種通知をLINEで受信することが出来ます。設定手順は「LINE Notify設定」を参照してください。

2. はじめに#

2.1. ユーザーアカウント作成#

最初のユーザーは、メール運営者に依頼して作成してもらいます。ユーザー登録に必要な情報は以下となります。メールアドレスはログイン時に必要となります。

  • お名前
  • お名前(かな)
  • メールアドレス
  • 電話番号

参考情報

  • ログインパスワードはのちほどご自身で設定します。
  • 一度登録したメールアドレスは変更できません。

アカウントの共有について(非推奨)

アカウントを複数のユーザで共有しないでください。
本システムは管理サイト上で、「誰が」「いつ」「どの端末から」「どのような」操作をしたか記録しています。
アカウントを共有すると「誰が」が曖昧になってしまうためです。
ユーザーアカウントはいくつでも無料で発行できます。

2.1.1. アカウント切り替え機能#

同じ人が複数のユーザアカウントを保持する場合があります。例えば以下のようなケースです。

  • 異なる事業者のプランを委託された管理する場合
  • 同じ事業者が提供する宿泊プランと体験プランを管理する場合
  • 即時予約プランと問い合わせ予約プランを管理する場合

このような場合、それぞれのプランを処理する時に、都度、再ログインが必要となり面倒です。

アカウント切り替え機能を利用すると、ログインしたまま別のアカウントに切り替えできます。 アカウント切り替え設定は、モール運営者に依頼してください。

アカウント切り替え機能

2.2. ログイン・ログアウト#

ブラウザを起動して、アドレスバーにモール運営者から指定された管理サイトURLを入力します。

ログイン画面が表示されるので、ユーザーアカウント作成時に指定したメールアドレスとパスワードでログインします。 最初のログインでは、パスワード再発行(次で説明します)でパスワードを設定します。

ログイン画面

2.3. パスワード再発行#

ログインパスワードをユーザー自身で変更・設定することができます。

操作方法

  1. ログイン画面左下の「パスワード再発行」リンクをクリックし
  2. パスワード再発行画面で、ユーザー登録時に利用したメールアドレスを入力します
  3. 届いたメール内の「パスワード変更URL」をクリックします
  4. 任意のパスワードを設定します

パスワード再発行リンク

ログイン画面

メールアドレス入力フォーム

Image from Gyazo

パスワード変更URLが記載されたメール例

Image from Gyazo

2.4. 共通操作#

管理サイトのすべての画面は以下の構成となっています。

  • ヘッダー部
  • メニュー部
  • コンテンツ部

管理サイトの画面構成

2.4.1. ヘッダー部#

ヘッダー部

ヘッダー部では以下の情報・機能が提供されています。

# 意味・機能 備考
ヘルプマーク オンラインマニュアルへのリンクです
環境名 サイトの環境 本番環境もしくは検証環境
状態 当該事業者が公開(=プラン販売)されているかどうかを表します 公開中もしくは非公開
予約サイトを表示 予約サイトの当該事業者の詳細画面を表示します
在庫管理 在庫管理画面へのリンクです
ユーザ名 ログインしているユーザ名。
クリックするとログアウト、パスワード変更、個人情報設定へのリンクが表示されます
Image from Gyazo
2.4.2. メニュー部#

宿泊施設には、以下の3つのカテゴリのメニューが表示されます。メニュー項目の右側に"<"が表示されている場合、その下にさらに複数のメニューが存在します。

データ照会 宿泊設定 ポイント設定
データ照会 宿泊施設設定 ポイント設定メニュー

画面を広く使いたい場合

最上部にあるハンバーガーメニューをクリックすることでメニューを縮小表示(アイコンのみ)にすることができます。
Image from Gyazo

2.5. トラブルシューティング#

2.5.1. エラーが発生した場合は?#

問い合わせる前に以下をご確認いただけるようお願い致します。

  • 通信状態のご確認。他のサイト(たとえばYahooニュースなど)が表示できることを確認してください。
  • 【頻出・重要】複数画面を開いている場合は、すべてのページを閉じてください。その後、あらためて同じ操作を行ってください。
    • データの更新を伴う画面を同時に複数開いて操作している場合、エラー発生することがあります。(セキュリティ対策としてCSRFトークンを導入しているため)
  • ブラウザを再起動(終了、開始)して、同じ操作を行う
  • Google Chromeを使って同じ操作を行う。動作保証しているのはGoogle Chromeのみとなります。
  • (可能であれば)他のパソコンから同じ操作を行う
  • 1~5分待って同じ操作を行う
    • 不具合修正など緊急対応時に日中にアプリケーション再起動を行うことがあります。この場合、1分以内に正常動作するようになります。稀にサーバ再起動を行うこともあります。この場合、最大で5分程度の接続不可となることがあります。
2.5.2. 操作や設定でわからないことがあった場合は?#

まずは、オンラインマニュアルを参照していただけるようお願い致します。

https://nyango.com/manual/booking/admin_for_hotel/

マニュアルで解決できない場合は、画面左上の「サポート」メニューからお問い合わせください。

サポート問い合わせ画面

3. 基本情報の編集#

メニュー「宿泊施設設定 > 基本設定」で以下の情報を設定できます。(FAX受信設定は無効化されている場合表示されません)

Image from Gyazo

3.1. 基本情報#

以下の項目を設定します。

項目名 説明 備考
名前 事業者の名前を入力します 最大255文字
概要 特徴やアピールポイントを簡潔に入力します。 最大255文字
詳細 詳細な説明を記載します。 最大4000文字。HTMLタグの利用も可能です。
郵便番号 郵便番号を入力します ハイフンはあってもなくても可
住所 事業者の所在地を都道府県から入力します。
住所非表示 予約サイトの地図や事業者詳細ページで住所を表示するかどうかを設定します。
代表電話番号 予約サイトには表示されません
代表FAX番号 FAX受信を有効にした場合、この番号に送信されます
メールアドレス 予約受付時等の通知先に利用されます。 予約サイトには表示されません
消費税/客室料金設定時の税種別 プランの基本料金を設定する際に入力する金額の扱いを指定します。 いつでも変更可能です。(変更時は全プランの料金が即時再計算されます)
消費税/料金端数丸め処理 「税別」の場合のみ選択可能です
在庫復帰設定 キャンセル時にその日の在庫を増やすかどうかを設定します。
予約ステータス自動更新設定 有効にした場合、チェックアウトからN日経過した場合に自動的に予約ステータスを「利用済」に更新できます。 経過日数はシステム設定(その他>予約ステータス自動更新日数)変更できます。既定値は1(翌日)です
キャンセル待ち有効フラグ キャンセル待ち機能を利用するかどうか設定します 初期値=無効
キャンセル待ち上限数 同一顧客のキャンセル待ち件数の上限を指定します。
上限に達した場合は、キャンセル待ちを追加登録できないようにシステムが制御します
初期値=3
アクセス方法 宿までのアクセス方法を記載します。 HTMLタグが利用できます。
送迎 送迎有無や送迎条件を記載します
駐車場 駐車場有無や大型バス利用可否等を記載します。
バリヤフリー バリヤフリー対応(例えば車椅子での施設内移動、トイレ利用などお体の不自由な方への設備・配慮)がある場合に記入します。
予約時注意事項 予約時にお客様に連絡したり、質問したいことがあれば記載します。 プラン設定でお客様回答を必須に設定できます。
施設タイプ 施設のタイプ(ホテル、旅館、民宿など)を選択します。
温泉・浴室情報 温泉・浴室の情報を記載します 例)客室内有無、利用可能時間、温泉情報(泉質や適応症等)など
部屋設備情報 主要な設備・備品をご記入下さい。 例)エレベータ、冷暖房、トイレタイプ、ウォシュレット等
標準チェックイン時刻 選択リストから選択します Image from Gyazo
標準チェックイン時刻 選択リストから選択します
残予約条件数 同一顧客の残予約数の上限を設定します。上限に達すると追加の予約が不可となります。 稀に多数の予約をとって大半をキャンセルするお客様がいらっしゃることによる機会損失発生の防止対策機能です。
室内インターネット設備 有線LANやWIFIの有無を設定します
インターネット情報 追加のインターネット情報を記載します
客室数 客室タイプ(和室、和洋室、シングル、ダブル等)ごとの室数を記入します 客室在庫とは関係ありません。
自動算出座標 入力不要(自動算出) 住所から自動的に算出します
補正座標 自動算出した座標が間違っている場合、手動で値を設定できます。 【参考】補正座標の算出手順
地図用場所ID 予約サイトの地図ページで「大きい地図を見る」ボタン押すとGoogle Mapが表示されます。
この時に詳細な情報(Googleに登録されている情報)を表示することができます。
地図用場所(Google Map Place ID)の取得手順と表示例を参照
Line Notify トークン 通知をLINEで受信できます。 LINE Notify設定を参照
Facebookページ 未使用 未使用
ホテル備考 任意の内容を記録できます お客様には表示されません

3.2. 設備#

設備情報を設定します。

Image from Gyazo

3.3. バリヤフリー#

バリヤフリー情報を設定します。

Image from Gyazo

3.4. クレジットカード#

施設内での買い物に利用できるクレジットカード情報を設定します。

留意点

ご予約時の支払い方法で指定するクレジットカード情報とは異なります)

Image from Gyazo

3.5. アメニティ#

アメニティ情報を設定します。

Image from Gyazo

3.6. キャンセルポリシー#

お客様がご予約をキャンセルした場合にご請求するキャンセル料の条件を設定します。 この設定はすべてのプランに一律に設定されます。

仕様

  • キャンセル料金は「%」で設定します。
  • 請求しない場合は、すべての項目で0%を設定します
  • 最大で7つ設定できます。
  • 不要な項目は0%で設定すれば予約サイトでは表示されません。
  • ノーショウ(連絡なしキャンセル)は、当該設定と関係なく100%で計算されます。
  • 管理サイトでの設定例

キャンセルポリシー設定

予約サイトでの表示例

予約サイトでの表示

3.6.1. よくあるご質問#

プランごとにキャンセルポリシーを設定できますか?

できません。

キャンセル料金が発生した場合、請求は誰が行いますか?

お支払いが「クレジットカード」の場合、自動的に請求されます。現地払いの場合は事業者様自身でご請求をお願い致します。

本来は、キャンセル料が発生するが、やむをえない理由なので請求しないようにしたい。できますか?

できます。管理サイトからのキャンセル操作時に0円を設定してください。お客様自身がマイページからキャンセルした場合は次の質問を確認してください。

キャンセル料を無料にしたいが、お客様自身でキャンセルしたら請求が発生してしまった。どうすればよいか?

管理サイト > 予約詳細で「料金変更」して0円に設定してください。クレジットカード払いの場合は、請求を取り消す必要があります。この操作はモール運営者しかできません。モール運営者に連絡してください。

3.7. 基本画像#

予約サイトの事業者詳細画面で表示される画像を登録します。

  • メイン画像
  • 料理画像 1~3枚
  • 風呂・設備画像 1~3枚

Image from Gyazo

予約サイトでの表示例

Image from Gyazo

3.8. 休日設定#

事業者の休日設定を行います。休日指定された日は、在庫が存在しても販売されません。

休日設定

3.9. 画像ギャラリー/フォトギャラリー#

事業者ごとにフォト・ギャラリーを作成できます。 フォト・ギャラリーは「料理」「部屋」「設備」「スタッフ」などの分類を作成して写真を表示する機能です。 お客様に対してサービスの特徴・雰囲気をわかりやすく伝えることができます。

  • 任意の名前のカテゴリを最大7個作成できます。例えば、料理、部屋、設備、外観、周辺環境などです。
  • 各カテゴリには最大13枚の画像(jpeg)を登録できます。
  • 画像にはそれぞれ説明文を付与できます。(最大50文字)

3.10. お客様への見え方#

お客様への表示例は以下のとおりです。パソコンとスマホそれぞれに最適化した表示を実現しています。

3.10.1. パソコンでの表示例#

Image from Gyazo

3.10.2. スマホでの表示例#

Image from Gyazo

3.11. フォトギャラリーの作成方法#

  • カテゴリを作成して、その中に写真を登録していきます。
  • カテゴリは任意の順番に並び替えできます。(お客様への表示順序に反映されます)
3.11.1. カテゴリ管理#

宿泊設定(もしくは宿泊施設設定) > 基本設定 > 画像ギャラリー で管理画面を表示します。

Image from Gyazo

新規作成ボタンを押すとカテゴリ名称入力ダイアログが表示されるので任意の名称を入力して「確定」します。

Image from Gyazo

作成したカテゴリには操作アイコンが表示されます。それぞれのアイコンの意味は以下のとおりです。

Image from Gyazo

アイコン 対応する操作
カテゴリ名変更
画像登録
カテゴリの公開・非公開
上へ
下へ
3.11.2. 画像管理#

画像を最大13枚登録できます。

新規登録ボタンを押すと画像登録ダイアログが表示されるので、画像と説明文を入力して登録ボタンで登録します。

一度に複数枚の画像をアップロードできます。

Image from Gyazo

登録した画像は以下のように一覧表示されます。説明文の変更と各アイコンによる操作が行なえます。 画像登録が完了したら画面下部の更新ボタンで反映します。

Image from Gyazo

アイコン 対応する操作
画像削除
画像の公開・非公開
上へ
下へ
3.11.3. その他の特徴#
  • 画像を自動的にリサイズします。
    • 画像をアップロードする前に縮小(最大で1800x1200)するので大きな画像を添付した場合でも通信回線に負担をかけずに高速にアップロードできます。
    • サーバ側ではさらに用途別に3サイズ(large, middle, small)の画像を自動生成します。
  • 複数画像をアップロードできます
  • 登録できる画像はJPEGのみとなっています。

3.12. FAX受信設定#

予約受付や取り消しなどの重要なイベントの発生を事業者のFAXに送信する機能です。 FAX送信では1通あたり10円がモール運営者に課金されます。 事業者側での費用負担の有無はモール運営者にお問い合わせください。

この機能は既定では「受信しない」になっているので事業者側で明示的に「受信する」に設定する必要があります。受信できるイベントは以下のとおりです。FAX番号は基本情報設定画面で指定した番号が利用されます。

  • 予約受け付け
  • 予約取り消し
  • 問い合わせ受付
  • 口コミ投稿

3.12.1. 設定画面の表示方法#

各事業者 ダッシュボードの「FAX設定」リンクから設定します。もしくは宿泊施設設定 > 基本設定 > FAX受信設定

3.12.2. よくあるご質問#

FAX受信は不要です。無効化できますか?

はい、できます。初期状態では「無効」となっています。

FAX受信機能の利用料金は必要ですか?いくらですか?

原価は1通あたり約10円です。各事業者に請求するかどうかはモール運営者の判断となりますのでモール運営者にお問い合わせください。

FAXは通信が不安定なイメージがありますが大丈夫でしょうか?


本システムで利用しているFAX送信の品質は、様々なFAX送信サービスと同等の品質となります。
5万枚を超えた時点での実績で約99%です。月平均では98.5%や99.8%の月もあります。
受信側のネットワーク状態やFAX機器の状態によりエラーが発生します。エラーになった場合最大5回リトライしますが、それでも通信に失敗することがあります。

FAX受信がエラーになったらわかりますか?

FAXには各事業者ごとに連番を設定しています。連番になっていなければFAX受信エラーが発生したと判断できます。
再送が必要な場合は、モール運営者に「欠落している番号」連絡して再送をお願いしてください。
モール運営者には、FAX送信サービスからエラー通知メールが送信されます。

FAX受信がエラーになった場合、どのように対処すればよいでしょうか?

FAX送信サービスの送信履歴を使ってどの送信がエラーになったかを特定します(時間、電話番号から推測します。同時間帯に同じ事業者へFAX送信されていて特定できない場合は、さらに送信内容を参照します。
ただし成功したものも含めて直剣の100件までとなっているので送信エラーが発生した場合、速やかにご確認ください。
再送信が必要な場合は、本システムのFAX送信履歴機能を利用します。送信日時や予約番号から送信内容を検索して、再送信ができます。過去のすべての送信履歴を確認できます。

システムのFAX送信設定が正しいか確認したいです。簡単に確認する方法はありますか?

はい。テスト送信機能を用意しています。テスト送信機能は「宛先FAX番号」を入れるだけでFAX送信を実行できる機能です。
管理サイト > 基本設定 > FAX受信設定 からご利用いただけます。

3.13. 検索タグ設定#

検索タグは、サイト独自の検索条件を容易に追加できる機能です。 登録して有効化された検索タグは、自動的に検索条件のこだわり条件に追加されます。 その地域の「売り」(例えばマリンスポーツ、登山、文化遺産)や、お客様の求めている観点(たとえば、一人利用可。子供利用可)で検索タグを定義することで、お客様が求めるプランを探すことができます。

3.13.1. 使い方#

検索タグは、モール運営者が定義して、各事業者が紐づけます。

事業者は、宿泊施設設定 > 基本設定 > 検索タグ設定 で紐づけを行います。

検索タグ設定画面

3.13.2. FAQ/よくある質問#

プランごとに設定できますか?

できません。検索タグは事業者ごとの設定となります。

3.14. オプション販売機能#

プラン・オプション販売機能は、任意の商品を宿泊プランと一緒に販売できる機能です。 たとえば以下のような物品やサービスの販売に利用できます。

  • (キャンプ場での)テントやBBQセット
  • 料理のアップグレード

旧プラン・オプションと比較して以下の点で優れています。

  • オプション品ごとに詳細な設定ができます。詳しくは後述します。(旧プランは名称・選択肢と料金のみ)
  • いくつでも作成できます。(旧オプションは最大3)
  • オプションは、複数のプランで共有できます。(プランごとに利用するオプションを選択可)
  • オプションは日単位で在庫管理ができます
  • 予約後にオプション品ごとに数量を変更できます。(0にすることも可能です)

予約サイトでの表示例

Image from Gyazo

以下の手順で設定することで販売開始できます。

  • オプションマスタ登録・・・オプション/新規からオプションを作成します。作成時に自動的に在庫が作成されます
  • オプション設定・・・作成したオプションとプランを紐づけます
3.14.1. オプションマスタ登録#

Image from Gyazo

項目名 説明 備考
オプション名称 オプションの名称 例)テント、BBQセット、料理グレードアップ
説明 任意の説明を記載します。 最大3000文字。HTML可
料金計算方法 日単位もしくは予約単位。
日単位・・・連泊の場合、宿泊日ごとに数量選択します。
予約単位・・・連泊でも1つだけ数量選択します。
単価 オプションの単価を設定します。 金額は税込みです。料金ランクは適用されません。
基本在庫 在庫作成時に設定される在庫数
販売数量制限 予約時に選択できる販売数量範囲を設定します。
2~5とした場合、最小注文数が2、最大注文数が5となります。最大注文数よりその日の残在庫が少ない場合は、残在庫が予約受付上限となります。
販売期間 販売期間を設定します。期間外は販売されなくなります。
注文締切 予約受付や予約後の追加時の注文締め切り時間を設定します。
キャンセル締切 予約受付後の数量減の締め切り時間を設定します。
画像 画像を1枚登録できます
状態 公開もしくは非公開を選択します
3.14.2. オプション設定(プランとオプションの紐づけ)#

プランに紐づけたいオプションにチェックを入れます。

Image from Gyazo

3.14.3. オプション在庫管理#

オプションごとに在庫を調整できます。期間を指定して一括変更することもできます。

Image from Gyazo

一括変更画面

Image from Gyazo

3.14.4. 留意点#

予約後にオプションマスタの料金を変更した場合、どうなりますか?

予約時に設定されていた料金で処理されます。

予約後にプランに紐づけたオプションを追加(もしくは削除)した場合、どうなりますか?

予約時に紐付けられていたオプションのまま処理されます。

オプション品の在庫は何日先まで作成されますか?

システム設定の「在庫作成日数」(既定値は180日先)に準じます。

オプション品の在庫はいつ作成されますか?

オプションマスタ新規作成時に自動的に生成されます。 その後は、毎日(深夜)、追加されます。 設定される在庫数は、オプションマスタ設定の「基本在庫」です。 基本在庫を変更した場合、次の在庫作成時から反映されます。既存の在庫数には影響しません。

3.14.5. FAQ/よくある質問#

旧プラン・オプションは使用できますか?

はい、引き続き利用可能です。旧プラン・オプションは以下のよう要件を実現したい場合にご活用ください。 - 1つのオプションに複数の選択肢が必要な場合。例えば体験プログラムで周遊コースが複数あるような場合 - 割引に使いたい場合

予約受付通知にオプション内容が記載されますか?

はい、されます。以下は例です。

Image from Gyazo

数量が変更された場合、通知されますか?

はい、通知されます。以下は例です。

Image from Gyazo

管理サイト > 宿泊予約作成でオプションを設定できますか?

はい、できます。

オプション数量を変更できますか?

はい、できます。 お客様は、マイページ > 予約詳細画面から変更できます。 事業者は、管理サイト > 予約詳細画面から実行できます。

Image from Gyazo

3.15. 地域設定#

TOPページの「地図から検索」に表示する「地域」を設定します。地域はモール運営者が設定して、各事業者が紐づけます。

事業者の紐づけ

宿泊施設設定 > 基本設定 > 地域設定 で紐づけます。

地域設定

地域には説明を記載することができます。これにより「地域名」や「観光スポット・名所」を登録することで、お客様にプラン検索の観点を提供するとともにその地域のPRができます。

予約サイトでの表示例

予約サイト表示例/地図から検索

予約サイト表示例/地域の説明表示

4. 宿泊プランの作成手順#

宿泊プランの作成は、少々複雑です。以下の順序で行います。それぞれについて後述します。

  1. 客室タイプを作成する
  2. プランを作成する
  3. プランと客室タイプ(複数)を紐づける
  4. 紐づけた「プラン x 客室タイプ」ごとに利用人数別の大人一人当たり料金を設定する

5. 客室タイプの作成#

以下の項目を入力します。必須入力やフォーマットは画面上でご確認ください。

{{read_csv('hotelroom.csv')}}

5.1. 重要な属性#

5.1.1. 初期販売在庫数について#

客室タイプを新規作成した場合、180日先(既定)までのデータを自動的に生成します。 また、毎日夜間に180日先の在庫データを追加で作成します。 この自動生成するデータの値~残在庫数~となります。

5.1.2. 利用可能人数について#

プランには複数の客室を紐付けることができます。以下に例を示します。

スタンダードプラン x シングル
スタンダードプラン x 和室12畳
スタンダードプラン x スイーツ

お客様のご予約もこの組み合わせを選択します。このとき利用できる人数の範囲(最小、最大)は「客室タイプ」によって決定されます。 たとえば利用可能人数が2~4人の部屋では1名でのご予約はできません。

5.1.3. 管理/照会#

宿泊施設設定 > プラン管理 > 部屋タイプ照会

Image from Gyazo

Image from Gyazo

5.1.4. 客室在庫の調整方法#

客室タイプを作成すると「初期販売在庫」が自動的に作成されます。客室剤の調整は、以下のいずれかで実施します。

  • 一括設定・・・すべての客室タイプについて2ヶ月単位で一括調整できます。高性能なパソコン、大画面モニタを利用している場合に向いています。
  • 客室ごと設定・・・客室タイプごとに1ヶ月単位で在庫を調整できます。スマホで在庫調整したい場合に便利です。

在庫調整メニュー

一括設定

客室ごと設定

6. 宿泊プランの作成#

6.1. 設定項目#

項目名 説明 備考
プロバイダ 当該プランを割り当てる事業者を設定します
料金体系 人数課金、部屋課金、基本料金+利用人数を選択します。
新規作成時のみ設定できます。
Image from Gyazo
基本料金 料金体系が「基本料金+利用人数」の場合に設定できます。 Image from Gyazo
プラン名 名称を設定します
プラン概要 プランの特徴やアピールポイントを簡潔に記載します。 プラン詳細の見出しとして強調表示されます。
Image from Gyazo
プラン詳細 プランの詳細な説明を設定します HTMLタグ利用可
支払い方法 現地払いのみ、カードのみ、選択のいずれかを選択します Image from Gyazo
食事タイプ 二食付き、朝食のみなどを選択します Image from Gyazo
料金ランク適用 料金カレンダーやプラン別料金設定で適用された「料金ランク」を適用するかどうかを設定します。(既定は適用する)
適用外にした場合、全日付が標準料金(割増・割引なし)となります。
Image from Gyazo
土曜日のお一人様利用可否 一人でも利用できる客室(たとえば1~2名)であっても土曜日の一人利用を受け付け不可とすることができます。 1名専用の客室には適用されません。
朝食説明
夕食説明
チェックイン時刻/最早/最遅 利用可能なチェックイン時刻範囲を設定します。自動的に30分刻みの選択リストとしてお客様に表示されます。 Image from Gyazo
チェックアウト時刻 チェックアウト時刻を指定します
当日予約期限時刻 未使用 未使用
プラン提供期間 プランを提供する期間を設定します。 在庫が存在しても期間外は予約されません。
プラン提供曜日 プランを提供する曜日を選択します チェックを外すとその曜日は販売されなくできます。曜日限定プランの提供に利用できます
予約受付期間 予約を受け付ける期間を設定します。
予約可能前日数/最小 N日先まで受け付けるか設定します。30を設定した場合、お客様が予約操作している日から1を設定した場合、利用日の前日まで予約を受け付けます。 「手仕舞い」と呼称されることもあります
予約可能前日数/最大 N日先まで受け付けるか設定します。30を設定した場合、お客様が予約操作している日から30日先までの利用日の予約が可能です。
可能宿泊数/下限 最小を2泊(以上)とすることで「連泊お得プラン」を提供できます
可能宿泊数/上限
追加の通知先 予約受付通知等の追加の通知先(Eメール)を設定できます。 カンマ区切りにすることで複数指定できます。
予約時確認事項 予約サイトでの予約受付時にお客様に表示する内容です。質問を記載して回答必須とすることができます。
お客様回答必須 予約時確認事項に記載した質問への回答を必須とすることができます。
通知ヘッダ お客様への予約受付やリマインドメールの上部に表示するメッセージを設定できます
プランメモ 管理用のメモです 予約サイトでは表示されません
男女限定プラン 女性限定(もしくは男性限定)プランとして販売することが出来ます。 Image from Gyazo
子供幼児設定 子供・幼児の受け入れ可否、提供料金を設定できます。
オプション料金設定 最大3つのオプションを設定できます 詳細は後述しています
プラン画像 メイン画像とサブ画像(3枚)を登録できます。 プラン一覧・詳細画面で表示されます

6.2. 重要な設定項目#

6.2.1. 料金体系(人数課金/部屋課金/基本料金+人数課金)#
  • 人数課金・・・利用人数に応じて利用単価や料金(単価x利用人数)が変わります。
  • 部屋課金・・・利用人数にかかわらず一定額の料金となります。海外では一般的な料金体系です。
  • 基本料金+人数課金・・・基本料金と人数課金の合計となる料金体系です。たとえばキャンプ場の1区画を基本料金3,000円として、入村料として大人/子供料金をご利用人数に応じて徴収するようなプランで利用します。

関連する仕様は以下のとおりです。

料金体系が「部屋課金」時の留意点

  • 子供料金設定は無効となります。(受け入れ可否のみが設定可能となります)
  • Image from Gyazo

料金体系が「基本料金+人数課金」時の留意点

  • 基本料金の入力(1円以上)が必須となります
  • 基本料金に割引・割増設定は適用されません
  • Image from Gyazo
6.2.2. 子供幼児設定#

本システムでは子供・幼児の種別として以下があります。種別ごとに「受け入れ可否」「大人料金計算方法」「提供料金(額・%、単位)」を設定できます。

  • 小学生高学年
  • 小学生低学年
  • 幼児(食事:有り、布団:有り)
  • 幼児(食事:有り、布団:無し)
  • 幼児(食事:なし、布団:有り)
  • 幼児(食事:なし、布団:なし)
6.2.1.1. 受入可否#

受入不可に設定した場合、ご利用者に該当する年代のお子様がいらっしゃる場合、予約サイトでの検索結果に表示されなくなります。予約も成立しなくなります。

6.2.1.2. 大人料金計算方法#

利用人数の多寡によって大人1人当たりの料金を増減させている場合、利用人数の計算に子供・幼児を含めるかどうかを設定します。以下に例を示します。

あるプランで、客室ごと利用人数別大人一人当たり料金が以下の設定とします。

利用人数 一人あたり料金
1人 15,000円
2人 10,000円

このプランを「大人=1人、小学生高学年=1人」でご利用した場合、小学生高学年の「大人料金計算方法」の指定によって、一人当たり料金は以下のように異なります。

  • 「含める」・・・2人利用時の料金「10,000円」が一人あたり料金となります。
  • 「含めない」・・・1人利用時の料金「15,000円」が一人あたり料金となります。

プラン設定 | 子供幼児料金設定

お客様のご利用設定 Image from Gyazo

6.2.1.3. 予約受付期間、プラン提供期間、予約可能前日数(最小、最大)の関係#

これらの設定を使って、予約受付可能な利用日を制御できます。 たとえば、以下の設定のプランを4月1日に予約しようとした場合、予約できる期間は4月4日から5月15日となります。

項目 設定値
予約受付期間 3月15日~5月25日
プラン提供期間 4月1日~5月31日
予約可能前日数(最小) 3
予約可能前日数(最大) 45

Image from Gyazo

6.2.3. オプション設定#

プラン予約時にお客様が選択できる、なんらかのサービスを設定できる機能です。1プランあたり最大3個まで設定できます。 選択肢ごとに、料金を設定できます。料金には「マイナス(=割引)」も設定できます。 オプション設定では、以下のような用途が考えられます。

  • 割増/アップグレード
  • 割引/ダウングレード
  • 質問

割増/アップグレード

利用する場合の選択肢の料金をプラス(例えば2,000円)とすることでプラン内容のアップグレードをお客様が選択できるようにします。 マーケティング用語でいう「アップセル」を実現する機能となります。

  • 料理アップグレード・・・あわびの踊り焼き+2,000円、BBQセット+2,000円
  • 漁業体験ツアー・・・利用する場合は+5,000円
  • 深夜チェックイン対応・・・+1,000円
  • 保険加入有無・・・加入時は1人あたり200円追加

割引/ダウングレード

当該プランで標準提供するサービスの一部が不要な場合に、「不要」という選択肢の料金をマイナス(たとえば-500円)とすることで料金を割引できます。

質問用途

どの選択肢も0円で設定することで、質問用途に利用することができます。

  • 周遊コース選択・・・Aコース、Bコース、Cコースのいずれかから選ぶ。追加料金はなし。
  • ドリンクサービスプランで種類選択・・・ビール、日本酒、焼酎など
  • 送迎要否

Image from Gyazo

Image from Gyazo

6.2.2.1. 予約サイトでの表示例#

お客様のご予約時には以下のように表示されます。

予約サイトでのオプション料金表示例

6.2.2.2. 留意点#
  • 外部OTAと連携している場合、当該オプションは連携対象外となります。
6.2.4. 予約時確認事項とお客様回答必須#

予約サイトでの予約受付時にお客様に表示する内容です。記載した質問を回答必須とすることができます。

例えば、以下のような内容です。

  • 送迎を希望いたしますか?
  • 当日、連絡のできる携帯電話番号をお知らせください。

Image from Gyazo

6.2.5. 男女限定プラン設定#

女性限定(もしくは男性限定)プランとして販売することが出来ます。 予約サイトでは検索条件として指定できます。プラン詳細画面等で「限定プラン」として表示されます。

検索条件での指定例

Image from Gyazo

予約サイトでの表示例

Image from Gyazo

6.3. よくある質問#

プランを作成しましたが予約サイトで表示されません

「プラン公開」操作が必要です。後述した説明を参照してください。

受付期間が来たら自動的に公開されますか?

いいえ。自動的に公開はされません。これは設定途中で公開されてしまう問題を防ぐためです。公開は手動で行ってください。

午前・午後のような受け付け方はできますか?

現在はできません。2023年2月頃までに対応予定です。

利用人数でなく「組」単位で料金設定できますか?

現在はできません。2023年2月頃までに対応予定です。

子供料金設定で%でなく円を設定できますか?

現在はできません。2023年2月頃までに対応予定です。

作成したプランの表示順序を指定できますか?

はい、できます。プラン表示順設定で並び替えできます
プラン表示順設定

7. プランと客室タイプの紐づけと料金設定#

作成した宿泊プランと客室タイプを紐づけます。同時に利用人数別の大人一人当たり料金を設定します。

1つの宿泊プランに1つ以上(最大10)の客室タイプを紐づけます。

Image from Gyazo

次に紐づけた客室ごとに、ご利用人数ごとの大人一人あたり料金を設定します。 設定できるのは、客室タイプの「利用可能人数」(最小~最大)です。

Image from Gyazo

これで販売の準備ができました。

8. プランの公開方法#

プラン登録しても、予約サイトでの販売は開始されません。以下の操作が必要です。

  • プラン公開
  • 事業者公開・・・後述しています

プラン公開は、プラン照会画面のハンバーガメニュー()内にある「公開」から行います。

プラン照会画面

プラン照会 > プラン公開メニュー

8.1. よくある質問#

プランを公開しましたが予約サイトで表示されません

事業者が公開されているか「設定状態確認」画面で確認してください。公開状態になっていればOKです。公開されていて表示されない場合はメール運営者にお問い合わせください
メニュー 設定状態確認

受付期間が来たら自動的に公開されますか?

いいえ。自動的に公開はされません。これは設定途中で公開されてしまう問題を防ぐためです。公開は手動で行ってください。

9. 料金の最適化、繁閑に応じた料金設定方法#

繁閑にあわせて利用料金を調整することができます。 本システムでは「料金ランク」で様々なパターンの割増・割引設定を作成して「料金カレンダー」もしくは「プラン別料金設定」で割り当てます。

  • 料金ランク・・・割増・割引を額(税込)もしくは%で指定できる。
  • 料金カレンダー・・・全プランに一律して適用するルールを設定します。曜日、特定日、特定期間が設定できます。
  • プラン別料金設定・・・特定プランの特定期間だけに指定したいルールを設定します。

9.1. 料金ランク#

画面の表示方法

照会画面

初期状態ではAからZまでの26種類の料金ランクが設定を用意しています。標準料金(割増・割引なし)のランクは”I”(アイ)に設定されています。

新規登録・編集画面

照会画面右上の「新規登録」ボタン押下により、新しい料金ランクを追加できます。(新規登録ボタンを押下したタイミングで自動的にランクが追加されて編集画面に移動します)。一覧の「編集」リンクをクリックすると設定を変更できます。

項目 説明 備考
ランクID ランク名称 変更不可。システムにより自動的に付与されます
ランク説明 任意の説明文を設定できます。 nan
割増・割引区分 割引もしくは割増を選択します nan
設定区分 金額もしくは率を選択します。プラン部屋料金(税込)に対して加算(減算)します。 nan
設定値 割引(割増)する額・率の値を設定します。 設定区分が金額の場合は「円」、率の場合は「%」として扱われます。
9.1.1. FAQ/よくある質問#

料金ランクは最大何個まで作成できますか?

最大52個まで作成できます。初期状態では26個です。

料金ランクは必須指定ですか?

いいえ。必要な場合だけ設定できます。初期状態ではIランク(割増・割引)が自動的に割り当てられています。

作成した料金ランクはどうやって適用しますか?

料金カレンダーもしくはプラン別料金設定で、「曜日」「特定日」「特定期間」に設定します。

料金ランクの割増(割引)額は税込ですか?税別ですか?

料金ランクの割増(割引)額は税込となります。お客様に請求する料金(=利用日指定カレンダーに表示される料金)は『プランx部屋料金(税込)+割増(割引)額』となります。

設定例

設定項目 設定値 画面例
客室料金設定時の税種別 税込
基本料金(1名利用時) 10,000円
料金カレンダー(曜日) 火:割引2,000円、水:割引1,000円、金:割増2,000円、それ以外:標準

ご請求料金/予約サイトでの表示

※税種別が「税別」の場合は、税込標準料金が11,000円(税率10%の場合)となり、この金額に対して割増(割引)額が加算(減算)されます。

9.2. 料金カレンダー#

料金カレンダーでは、以下の料金ランクを設定できます。この設定は「(当該事業者の)全プラン」に適用されます。

  • 曜日ごと・・・用途)休前日の割増など
  • 指定期間・・・用途)ゴールデンウィークやお盆などの繁閑期
  • 特定日・・・用途)著名人コンサートやマラソン大会などの開催日前日などに利用
9.2.1. 設定例#
9.2.2. 休前日を500円割増、水曜日を10%割引#

料金カレンダー設定

予約サイトでの表示

9.2.3. お盆期間を割増500円#

料金カレンダー設定

Image from Gyazo

予約サイトでの表示

9.3. プラン別料金設定#

プランごとに特定の日に料金ランク(割増もしくは割引)を設定したい場合、本機能を利用します。

POINT

すべてのプランに対して一律(曜日、休前日、特定期間、特定日)に設定する機能は「料金カレンダー」設定を参照してください。
料金カレンダーとプラン別料金を同時に設定した場合、プラン別料金設定が優先されます。

9.3.1. 設定画面の表示#

9.3.2. 操作説明#

全プランが表示されるので目的の日に料金ランクを設定します。更新ボタンを押すと即時反映されます。

9.3.3. FAQ/よくある質問#

料金カレンダーと重複設定した場合のルールは?

以下のルールで適用されます。

  • 重複設定した場合は「プランx特定日」「特定日」「曜日+特定期間」のいずれかが適用されます。
  • 優先順位は以下のとおりです。
  • 「プランx特定日」 > 「特定日」 > 「曜日+特定期間」


設定が予約サイトに反映されるタイミングは?

設定確定時に即時反映されます。

10. 販売しよう!!!#

ここまでの設定で販売開始の準備が整いました。予約サイトで販売を開始しましょう。 予約サイトでの販売開始には、以下の設定・操作が必要です。 ここでは、最後の「事業者の公開」について説明します。

操作 説明 備考
必須設定 以下の設定が完了している必要があります。
・基本情報
・料金ランク
・料金カレンダー
・キャンセルポリシー
・基本画像
プランの公開 プラン照会画面でプランごとに公開します。 プラン公開
事業者の公開 「ダッシュボード > 基本設定」の「公開」するボタン押下により公開します Image from Gyazo

事業者を公開するボタンがありません

公開するための条件が整っていません。公開プランが存在することや必須項目がOKになっているかを確認してください。

11. 予約の処理方法#

予約を受け付けると、ユーザアカウントに登録してあるメール(オプションでFAXやLINE)に通知されます。 通知内には、予約詳細画面へのリンクが記載されています。

受け付けたすべての予約は、予約照会画面で確認できます。

11.1. 予約照会画面#

予約照会画面では、予約番号、受付日時、予約の状態(たとえば予約中、キャンセル)等の条件を指定して検索できます。 検索結果は画面下部に一覧表示されます。

一覧では、予約の概要(予約番号、料金、利用人数、利用日、利用者名等)を把握できます。 料金明細などを確認したい場合は、予約番号をクリックして、予約詳細画面を表示します。 ハンバーガメニューから各種操作を実行できます。

11.2. 予約詳細画面#

予約詳細画面では、料金明細やお客様のご連絡先など詳細な情報を把握できます。 また以下の操作ができます。

  • 予約ステータス変更
  • 予約変更
  • お客様への連絡

また「問い合わせ予約」の場合は、以下の操作が実行できます。

  • 受け入れOK
  • 受け入れNG
11.2.1. 予約ステータス変更#

予約の状態を変更する操作です。

予約中の状態からは「キャンセル」「ノーショウ」「利用済」のいずれかに変更できます。 「キャンセル」に変更する場合は、キャンセル料金を指定することができます。 初期状態では、キャンセルポリシーに基づいて算出された料金が設定されています。

ステータス変更を間違えた場合は?

実際は、ご利用いただいたのにキャンセルにしてしまったり、その逆の操作をしてしまった場合は、モール運営者にお問い合わせください。
モール運営者側で変更いたします。

自動で利用済にする方法

事業者基本情報設定の「予約ステータス自動更新」を「有効」にすると自動的に利用済となります。
自動更新は利用日の翌日の午前中に実行されます。キャンセルの場合はその前にステータス変更してください。

キャンセル料金を0円にする方法

ステータス変更画面で0円を指定してください。

11.2.2. 予約内容変更#

予約内容のうち「(各年代の)ご利用人数」と「料金」を更新する機能です。

Note

  • 利用日の変更はできません
  • 変更されるのはサマリだけで、明細(各利用日・利用客室ごとの利用人数・料金)は変更されません。
  • このレベルの変更で業務に支障がある場合は、再予約(当該予約をキャンセルして新規予約)をご検討ください。予約作成機能を使うとお客様の手を煩わせる事なく予約が作成できます。
11.2.2.1. 使い方#

操作

管理サイト > 予約照会 > 予約変更 管理サイト > 予約照会 > 予約詳細 > 予約変更

Image from Gyazo

Image from Gyazo

11.2.2.2. 画面と操作#

予約変更画面は以下の様の構成となります。 左側に現在(変更前)の利用人数・料金・単価が表示されています。 右側の人数・料金を任意の値に変更します。 変更した箇所は強調表示(赤背景)されます。 確定を押すことで変更が確定します。

Image from Gyazo

Info

入力する料金は単価でなく利用料金(宿泊日数x利用部屋数x利用人数x単価)です。
利用人数変更に伴う利用人数別料金や利用日の料金ランク計算は、変更者自身で計算してください。

Warning

本機能による変更は簡易的です。以下のような変更はできません。

  • 変更が反映されるのは「概要」レベルで「明細」には反映されません。
  • 「チェックイン日」「チェックアウト日」「宿泊日数」「利用する客室」「部屋数」は変更できません。現在の予約を取消して再予約いただくことをご検討ください。
  • 変更されるのはサマリだけです。明細(利用日・利用客室ごとの利用人数・料金)は変更できません。明細レベルの変更が必要な場合は、モール運営者のご相談ください。
  • 明細は更新されません

明細は更新されない

11.2.3. お客様への連絡#

ご予約いただいているお客様に簡単な操作で連絡(Eメール送信)することができます。

11.2.3.1. 使い方#

メニュー

管理サイト > 予約照会 > ハンバーガーメニュー > お客様に連絡

Image from Gyazo

管理サイト > 予約詳細 > お客様に連絡

Image from Gyazo

11.2.3.2. 画面と操作#

Image from Gyazo

「件名」には予約番号、「連絡内容」には当該予約の明細があらかじめ設定されています。

「件名」と「内容」を適宜変更して、送信ボタンを押します。 最終確認のメッセージボックスが表示されるのでOKすることで送信されます。

お客様のEメールには以下の様な内容が送信されます。

Image from Gyazo

お客様から返信があると、関係者のEメール(LINE,FAX)に通知が届くので、通知内のリンク(もしくは「予約詳細のお客様への連絡履歴」のリンク)から追加することができます。

Image from Gyazo

一連のやりとりは、1つのスレッドとしてまとめられます。 新しいやりとりをはじめたい場合は、新たに「お客様への連絡」操作を行います。

Image from Gyazo

11.2.3.3. よくある質問#

お客様への通知内容はカスタマイズできますか?

はい。通知テンプレートの種別「運営者側からの顧客への連絡」の設定で変更できます。 ただし、通知テンプレートの件名は無効です。(ユーザが入力した内容が利用されます)

Image from Gyazo

12. 問い合わせへの対応方法#

「問い合わせ」機能を有効になっている場合、お客様は事業者を指定して問い合わせができます。 事業者を指定した問い合わせがあると、その事業者のすべてのユーザーに通知が送信されます。

通知の送信先

通知は、ユーザーアカウントに登録されたメールには必ず送信されます。
LINE、FAXにも送信できます。それぞれ「LINE Notify設定」と「FAX受信設定」を参照してください。

通知内には、回答用のURLが掲載されているので、クリックして回答します。 回答すると自動的にお客様にメールが送信されます。 お客様から追加の問い合わせがあった場合は同様に事業者のすべてのユーザーに通知されます。 一連のやりとりはすべてスレッド化されます。

問い合わせのやりとり例

13. 口コミへの対応#

「口コミ」機能が有効になっている場合、お客様は、利用済となったプランに対して口コミを投稿することができます。 口コミ投稿があった場合、そのプランを提供している事業者の全てのユーザーに通知が送信されます。

通知の送信先

通知は、ユーザーアカウントに登録されたメールには必ず送信されます。
LINE、FAXにも送信できます。それぞれ「LINE Notify設定」と「FAX受信設定」を参照してください。

投稿された口コミは、口コミ(体験)から照会できます。 口コミ照会画面では、予約番号や承認状態を指定して検索することが出来ます。 検索結果は一覧に表示されます。

Image from Gyazo

Image from Gyazo

13.1. 口コミの公開・非公開#

一覧に表示された口コミの右端にある「公開・非公開」リンクをクリックすると、確認ダイアログが表示されます。 確認ダイアログでは、返信を記載することが出来ます。 この返信も予約サイトで表示されます。 「公開」にして、「確定」ボタンを押せば、公開・集計されます。

口コミの公開・非公開設定ダイアログ

予約サイトでの表示例

プラン一覧・プラン詳細画面での表示(宿泊プランと体験プランで表示項目は異なります)

口コミ

口コミ一覧

14. 操作履歴照会#

当該事業者に所属する全てのユーザーの操作履歴を照会できます。 ログイン、プラン内容の更新、客室在庫といった操作を「いつ」「誰が」「どのように」実行したかを把握できます。 その他、接続元IPアドレスやブラウザ(User Agent)の内容も把握できます。(意図せぬ環境・端末から不正アクセスされていないか?を判断する材料とできます)

操作履歴照会

15. ダッシュボード#

ログイン直後に表示される画面です。ダッシュボードには以下の情報が表示されています。

  • 予約状況
    • 要ステータス変更
    • 残予約
    • 本日予約
  • プラン販売状況と関連操作のリンク
  • 基本情報
    • 公開状態と公開状態変更ボタン
    • 公開プラン数
    • 各種設定状況と設定画面へのリンク
  • お知らせ

ダッシュボード

16. 付録#

16.1. 事業者向け通知一覧#

事業者には予約受付・取消、問い合わせ受付、口コミ投稿など様々な通知が送信されます。 以下に通知例を記載します。

通知イベント
予約受付 予約受付メール
予約取消 予約取消
さらに予約受付時の内容と同じものが下部に表示されます
利用日直前 予約受付で送信された内容と同じ
問い合わせ 問い合わせ受付
口コミ投稿 口コミ投稿
キャンセル待ち(宿泊事業者のみ) キャンセル待ち通知
リマインド/予約ステータス確定 予約ステータス確定
リマインド/口コミ確認 口コミ確認
リマインド/予約受付可否確定
問い合わせ予約の場合
予約受付可否確定